Close

仕組化

Pocket

飲食店も、3店舗あたりから社員もアルバイトも増えて
飲食企業になっていく。

そのあたりから
人事考課や社内行事や社員面談など
社員のモチベーションをあげたり給与の適正化を図るために
会社内の制度を整え始めることが多いように思う。

で、先に結論から言うと、
うちの会社では可能な限り仕組化していかないようにしている。
というよりも「したくない」と言った方が正しいかもしれない。

なぜかというと
社内制度など仕組化していく一番の目的は
多店舗化して規模が拡大していく会社を円滑に回してくため、だから。
人が増えても不公平感が出ないようにしたり、誰にでも分かりやすく会社の方針を理解してもらうために
人事考課や理念講習などを仕組化する。
それは会社として多店舗化、規模の拡大を実現するために必要不可欠だから。

でもってうちの会社はどうかというと

規模の拡大を図っていない

もっと正確にいうと、

急激な規模拡大を図っていない

から仕組化する必要がないと思ってる。

別に、飲食企業の多店舗化や規模の拡大を否定しているわけでは全然ない。
人それぞれやり方があるし、向き不向きがあるので。

そういう意味では、うちの会社は、急激な規模の拡大が向いてないし出来ない。

飲食店を運営している以上、
企業である前に、
一店舗、一店舗、ちゃんとした飲食店舗でありたいと思っているし、
自分の思う良いお店、行きたいお店はスタッフひとりひとりの顔が見える個人店に近いスタイルのお店なので。

何十年も続く、素敵なご夫婦が営んでいるお店に
人事考課も理念講習もない。
というか必要ない。

毎日スタッフと顔を合わせ、時には一緒に酒を飲み交わし、
お店の料理について、サービスについて、お互いの将来について
仕組化なんかしなくても自然とお互いの気持ちが伝わってる。

大箱でも良いお店はいっぱいあるし
チェーン店でも良いお店はいっぱいある。

でも、僕はこれが飲食店の原点だと思うし
こういうお店が長くお客様に愛されるお店だと思ってる。

だから
今後、出店したとしても
可能な限り仕組化しないで良い組織でありたいと思う。

そのためには
今まで以上にみんなと顔を合わせてお酒を飲んで、
同じ時間を共有していかなければいけないのだけれども。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。