Close

飲みニケーション

Pocket

飲みニケーション

最近、ってこともないのかもしれないけど、
会社に入社してすぐの社員が上司に飲みに誘われていやいや飲みに行く、
なんてことをよく見聞きすることがある。

特に大手企業に勤めている人たちの方が
飲みニケーションって言葉に嫌悪感を抱いていることが多いような気がする。

でも、
飲みニケーションってやっぱり大事。

優良企業で、優れた経営を行っていると名高い株式会社武蔵野の小山昇社長は、
管理職に部下とのサシ飲みの回数にノルマを課しているぐらい、
それぐらい飲みニケーションを大切にしているし、
その効果を認めている。

まー、どんな業種業態、規模の組織にも当てはまるわけじゃないと思うけど、
基本的には

人と人との距離感を縮める

ということに他ならない。

ので、
それがボーリングだってカラオケだってキャンプだってなんだって良いと思う。
ただ、
時間を共有することが出来れば。

でもやっぱりお酒が入ることにも意味があるかと。
お互いの本来の、本音の部分が出てきやすいので。

その結果、衝突することもあると思うけど、
それを乗り越えた先には今までになかった関係性が築けるわけで。

でもこれってなかなか下から上には声をかけ辛い。

なので、どんどん上から誘ってみたいと思ってる。

もはや義務。

でも無理したくないし、お互い気まずい時間も過ごしたくないので
楽なところから攻めていく。

それもしょーがない話。

そーやって少しずつ輪を広げていく。

飲みの輪を。
仲間の輪を。
共有の輪を。

変な(ってことはないけど)研修や人事考課制度なんかより、
うちみたいな規模の組織は
一緒に飲みに行った方がよっぽど成果につながる。

だって、
いつの時代もどんな組織も
部下の不満は

「俺の気持ち(努力、想いetc)を奴らは全然分かってない!!」

だし、
上司の不満は

「俺の気持ち(期待、親切心、心配etc)を奴らは全然分かってない!!」

しかないから。

お互いがお互いを理解しきれないから、
納得感を出すために
数値化するのが人事考課だったり
想いを伝える仕組みが理念研修だったり。

でも
飲みに行って

「俺はこんなお店にしたいんだーー!!」
って言ったり

「僕はこんなに頑張ってるんですよ!!」
って言ったりすれば

ほとんどが解決するはず。
まー、その場で反論されることは多々あるでしょうが。
でもそれも大切な過程なので。

特に飲食店従事者は
素敵なお店に飲みに行って、
そこで盛り上がって、話し合って、笑い合って。

それが楽しい、と思える人の集まりのはずなので、
飲みニケーションを盛り上げてけば大抵の問題はクリアできるはず!!(たぶん)

飲食店をそこそこながくやってると
飲食店オーナーの繋がりがどんどん広がっていって
みんな同じような境遇の人が多いから、
飲食店オーナー同士で飲みに行くことが多くなって、
それが楽しくって、
みたいなことが多いんだけど、
やっぱり
良いお店のオーナーさんは
自店舗のスタッフさんと飲みに行く回数が本当に多い。

感動するぐらい。
流石だな、と。

なので、
私ももっともっとお店の仲間と飲みに行こう。
遊びに行く感覚で飲みに行こう。
みんながもっともっと楽しくなるまで飲みに行こう。

体がもつ限り。。。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。