Close

ワイナリー研修

Pocket

先日、
サントリーさんにご協力いただき、

登美の丘ワイナリー

に研修・見学に行ってきました。

ここを訪れるのは3回目ですが、
毎回季節が違うので、
訪れるたびに新たな発見があります。

今回は、晩秋だったため、ブドウは収穫済み。
それでも、見学者のためにいくつかの木にはブドウが残っており
味見もさせてもらえました。

ワイン醸造用のブドウなので、そのまま食べてもそんなに美味しくないかな、と思ったのですが
収穫期を過ぎて多少水分が飛んでいたせいもあり
そのまま口に含んでもとても甘く美味しかったです。
また、
ワインで飲んだ時以上に
ブドウ品種ごとの特徴があらわれていたのがとても面白かったです。

畑を見た後は製造工程を見学し、
最後はお待ちかねのテイスティング。

登美の丘で獲れたブドウを使用して作る登美の丘シリーズと
国内で獲れたブドウを使用して登美の丘ワイナリーで醸造するジャパンプレミアムシリーズ。

それぞれのワインがそれぞれの個性と理念を持っており、
日本ワインのクオリティの高さを実感することが出来ました。

個人的には
立地や人件費の高さなどの理由から
一般的にはまだまだ日本ワインの割高感は否めないなー、という思いもあるのですが
生産者の想いや情熱は
ヨーロッパやアメリカ、オセアニアの醸造家にも負けないものがあると思うので
地域にとらわれず、良いものは良いものとして、
もっともっと生産者の想いを伝えていきたいと思います。

そのためにも
僕ら飲食店はお客様だけを見るのではなく
川上の生産者の方々とも密にコミュニケーションをとっていく必要があると
あらためて思いました。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。