Close

酒蔵見学

Pocket

柴田屋酒店さんにご協力いただき、

山梨銘醸株式会社さんの日本酒造りを見学させて頂きました。

山梨銘醸株式会社さんは
寛延3年(1750年)創業の酒蔵さんで

七賢

という日本酒をメインに作られています。

日本酒の醸造過程については
本やセミナーで何度も見聞きしているので
一通りの流れは理解しているつもりでしたが
実際の酒造りの工程を見させてもらうことで、
初めてどの工程で何が行われていて、どう原料が加工され、変化していくのかが理解できたように思います。
米麹づくり、醪づくり、酒母づくり。
それぞれ言葉の意味は分かっていても
実際にそれぞれが日本酒造りの工程にどのように関わっているのか。
分かっているようで分かっていなかった、ということが分かりました。
やっぱり、こういうことも実際の製造現場を見て、生産者の方の話を聞くことの大切さを改めて感じました。

山梨銘醸株式会社さんは
250年以上もお酒造りを続けられている老舗企業。

ショップなどもある正面玄関のある母屋の奥座敷は
明治天皇が山梨県・三重県・京都府御巡幸に際し、行在所(あんざいしょ)に指定されるほど
歴史ある立派な建物。

どんなにお金をかけても、立派なデザイナーを起用しても
絶対に真似のできない「歴史」という重さ、偉大さを肌で感じることが出来ました。

それでも
近年はお酒造りのみならず、
麹づくりのノウハウを生かした食品の製造・販売や
飲食店の運営なども始められ
老舗であることに胡坐をかくことなく、
日々、新しいモノにチャレンジされています。

醸造工程においても
最新の技術を導入し、
良くも悪くも職人技であったお酒造りを
より安定して自分たちの望むお酒を造れるようにと
日々努力、改善されているとのことでした。

飲食店においても
歴史を重ねていくことの大切さ、偉大さ
は他のどんな基準よりも重みを伴う事実であり
どんなに立派な企業でも、大企業であっても一朝一夕にはたどり着けない尊さがあります。

僕らも
派手さも規模もなくても
お店を続けていくこと、
明日も来週も来月も来年も10年後も
今と変わることなく、自分たちのお店を気に入ってくれているお客様を迎え入れること。
そのために、日々営業しています。

ただ、
山梨銘醸株式会社さんのような老舗企業でも
昔ながらのやり方をそのまま踏襲すれば良いというわけではなく
日々努力とチャレンジを積み重ねている。
そういう姿を拝見させて頂くと
僕らはまだまだ日々改善、日々チャレンジを繰り返していかなければならないんだな、
と痛感しました。

変わらないために変えていく。

まだまだ努力が足りません。

頑張ります。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。