Close

酒蔵見学 その2

Pocket

先日お邪魔させて頂きました七賢さんに引き続き、
今回も柴田屋酒店さんにご協力いただき、
泉橋酒造さんに行ってきました。

泉橋酒造さんは神奈川県海老名になる酒蔵さんで、
都心から比較的近い場所にあります。

こんな近場に酒蔵さんがあるんだ!?
というのが、最初の率直な感想でしたが
海老名という場所は綺麗な水も豊富で
お酒造りにも適しているそうです。

また、
泉橋酒造さんは
自社でもお米を栽培されている
「栽培醸造蔵」でもあります。

ので、お酒造りと合わせて
そのお酒の原料となるお米を作る農業も手掛けています。

しかも作っている日本酒は全て純米酒。

生酛仕込や山廃など
伝統的な手法も用いながら丁寧なお酒造りをされています。

10656353_943686759042776_1492005945_n_R

まずは酒蔵の横でお米を栽培している田んぼから見学。丹沢山系が綺麗に見えます。

12399171_943686769042775_1643369306_n_R

12404309_943686762376109_135479209_n_R

12398909_943686779042774_1629305715_n_R

12404388_943686775709441_733376313_n_R

そして、酒蔵も見学。
ひとつひとつの工程を丁寧に説明してもらいました。

これでさすがにお酒造りの工程は覚えられた気がします(汗

1419861_943700932374692_651564954_n_R

そして最後はお待ちかねの試飲。

泉橋酒造さんのお酒のシンボルマークは赤とんぼ

赤とんぼは田んぼの周りを飛び回ります。
自社でお米も栽培しているので
「安心できる原料米を使用しての醸造、そして、秋の空にたくさんの赤とんぼが飛び交う、そんなまちを作りたい」
との思いから、赤とんぼをシンボルマークにしているそうです。

やっぱり改めて
作り手さんの想い、情熱を直接お聞きすると
それを消費者であるお店のお客様にしっかりとその想いを伝えていかなければならないな、
と思うとともに
丁寧に、ちゃんとした状態でお届けしなければならないな、と
その責任の重さを痛感します。

ので、
新しいお店では、しっかりと、ちゃんと、
美味しい状態で皆様にご提供できるようにしていきたいと思います。

当たり前のことではあるんですけどね。

その当たり前のことが出来てなかったり、
難しかったりすることが多いので、

当たり前のことを当たり前に出来るお店でありたいな、と。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。