Close

農園見学

Pocket

見学シリーズ。

というわけじゃありませんが、
やっぱり生産者の方々がどんな想い、情熱をもって
どうやって作っているのか、ということを
飲食店はちゃんと知っておく義務があるかと。

ってことで、
農業、農家に関する著書も出されている久松さんの久松農園さんにお邪魔してきました。

久松さんは大学卒業後に大手メーカーに就職し、そこから脱サラして就農された、
ちょっと変わったかたち(?)で農業を始められたインテリ農家さんです(笑)

農法としては
有機栽培かつ無農薬。

それでも、
農薬が悪で無農薬が正義、と主張されているわけではなく
自分は無農薬が良いと思っているのでやっている、というナチュラルなスタンスがとてもかっこいいな、と思いました。

12431280_943686809042771_1483666696_n_R

無農薬なので安心してそのまま食べられます。

久松農園では多品種少量生産をされているので
それぞれの野菜の作付面積はとても狭いです。
が、その代り、普段、八百屋さんで見ないような珍しい野菜も作られています。
農協を通さず、一般のご家庭や飲食店に直接販売しているので
出荷先、購入者の顔を思って、
どの野菜が良いかな、どの野菜を欲してるのかな、
と考えながら野菜を選ばれているのだと思います。

12380022_943686819042770_1161242571_n_R

12431220_943686832376102_797772850_n_R

1931960_943686785709440_760609098_n_R

12404387_943686812376104_2094600555_n_R

実際に収穫(というほどのことではありませんが)させて頂いたり
珍しい野菜を食べさせてもらったり、
農家さんなのに調理方法のアドバイスまで頂いたり(笑)。

普段、あまり畑を見る機会がなかなかないので、
こうやって直接野菜を作っている現場を見ることが出来たのは
とても貴重な経験をさせて頂きました。

で、今回お話しいただいた内容で面白かったのは、
農薬は虫を駆除したりするだけなので野菜自身の成長には関係なく、
野菜の味を決めるのはあくまで肥料。
なんだけど、
無農薬だと駄目な野菜、弱っている野菜は虫にやられてしまうので
結果として強い野菜、美味しい野菜が生き残っていく、
というお話。
なるほどー。
人も野菜も一緒なんですね(笑
厳しい環境にさらされると、強い個体、適応能力の高い個体のみが生き残る。

ということで、
うちのお店も無農薬経営にしていきたいと思います(笑

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。