Close

天山酒造さんに行ってきました!

Pocket

まだ秋の香りが残る頃に
「七田」で有名な天山酒造さんに行ってきました!

15416105_1216077491803700_518110935_n

天山酒造さんは
「名水と蛍の里に銘酒あり」
と謳っている通り、

15423719_1216077528470363_2075955800_n

酒蔵の目の前には綺麗な川が流れています。

そして、車で数分行ったところには

15497852_1216077288470387_1465223042_n

仕込み水の源流となる滝があり

15424658_1216077305137052_248793260_n

その滝の近くには、お酒造りの度にご挨拶に訪れる神社もあります。

15424515_1216077278470388_1821713287_n

こちらの神社からの景色はとても綺麗でした。

ちなみに、美味しいお酒が作れることを祈願して
毎年、お酒造りに関わる人全員がこの滝に打たれるそうです。
お酒造りに対する想いと真剣さが伝わってきますね。

さて、酒蔵に戻って中を見学させてもらいました。

15403179_1216077318470384_312715098_n

15424423_1216077331803716_407277964_n

15451457_1216077328470383_1993784806_n

搾りたてを頂きました!
まだ微発泡してるとてもフレッシュなお酒で酒蔵にお邪魔しないと味わえない贅沢な味です。

そしてお楽しみの試飲です。

15415975_1216077348470381_1610460060_n

「七田」では純米吟醸、純米大吟醸ももちろんあるのですが
個人的に面白いなー、と思ったのが
「純米 七割五分磨き」

吟醸酒は仕込む米を40%、大吟醸種は50%以上磨く(削る)ことによって
雑味の少ない上品な味に仕上げようとします。

七田の七割五分磨きは、二割五分のみ削って、七割五分残す製法です。

精米歩合は吟醸酒、大吟醸酒に比べればとても低いですが
雑味は一切なく、独特の酸味と綺麗なコクがとても料理に合うお酒に仕上がってます。

精米歩合を高めずに良質のお酒を作る。

杜氏さんの努力と工夫と苦悩なくして作れないお酒です。

そして翌日は

15403190_1216077415137041_701417664_n

お酒づくりを手伝わせて頂きました!

洗米して蒸したお米に麹を振りかけた蒸米をタンクに運びます。

15451427_1216077421803707_508408082_n

15423531_1216077465137036_802000155_n

お酒造りに対する想い、原材料の大切さなどいろんなお話を聞かせていただいたので
ただ蒸米を運んでタンクに入れるというだけの作業でしたが
一粒のお米も無駄にできない、という思いが慎重さと緊張を生み出しました。

15497914_1216077455137037_402688330_n

トンボでタンクの中もかき混ぜさせていただきました。

ということで、
とても充実した、濃密な二日間を過ごさせていただきました。

どの蔵を訪ねても思うことですが
そこでお酒造りに関わる人の思いや人柄が
そのままお酒の味に反映するな、と。

だからこそ
出来上がった商品だけじゃなく、
そのお酒を作った人の思い、環境を肌で感じることはとても大切なことだな、
と改めておもいました。

天山酒造の皆さん、お酒造りでお忙しい時期に快く受け入れてくださいまして誠に有難うございました。

また目の前の川に蛍が飛び舞う頃にお邪魔させていただきたいと思います。

Pocket

About the Author

株式会社らしく

株式会社らしくは、マルザック(表参道)とマルザック7(中目黒)を運営しています。